IDC20A デバッグプローブ

IDC20A デバッグケーブルローターバッハ
概要

ほぼすべての組込みプラットフォームの業界標準

IDC20Aデバッグ・プローブは、もともとArm® CoreSight™デバッグ・インフラを備えたSoCをデバッグするために設計されました。Arm アーキテクチャの大成功により、このデバッグコンセプトは、組み込み市場におけるマルチコアシステムのデファクトデバッグ標準となりました。

今日、IDC20Aデバッグ・プローブは、CoreSight™の有無にかかわらず、SoCをデバッグするための さまざまなアーキテクチャとプロトコルをサポートしており、ローターバッハ、最も成功しているデバッグ・プローブである。

ベネフィット

あらゆるプロジェクトに対応する高速で信頼性の高いデバッグプローブ

IDC20Aデバッグ・プローブは、最大限の柔軟性を持つように設計されています。広い入力電圧範囲と優れたシグナルインテグリティを備えた、組み込み市場全体で最も一般的なピンアウトを 特長とし、一般的な産業用アプリケーションから高速モバイルデバイス設計まで、多くのターゲットに最適です。

ヘテロジニアスチップにも対応

マルチコア・システムのデバッグでは、デバッグプローブが1つのSoC内でさまざまなアーキテクチャのコアを同時に制御できることが不可欠になります。IDC20Aデバッグプローブは、このような柔軟性を提供し、幅広いアーキテクチャをサポートします。

あらゆるターゲットに完璧にフィット

IDC20Aデバッグプローブは、組み込み市場で最も一般的なピンアウトを提供します。豊富なアダプターの選択肢とともに、幅広いターゲットに最適です。

高速転送とシグナルインテグリティ

アクティブ回路ターゲットコネクタを備えたIDC20Aデバッグプローブは、最高の転送速度で最高のシグナルインテグリティを提供します。適切なプロセッサでは、高いスループット性能により、リアルタイムトレースも可能です。

0.4Vからの広い電圧範囲

0.4Vまでの 低I/O電圧を持つ高速ターゲットや、5VまでのI/O電圧を持つ標準的な産業用アプリケーションをサポートします。

対応アーキテクチャ

あらゆるチップをコントロール

IDC20Aは、移動体通信、医療、民生用電子機器、半導体、航空宇宙、産業など、多くの業界で標準的に使用されているデバッグプローブです。現在確立されているマイクロアーキテクチャから、流行の新しいアーキテクチャまで、数十種類のアーキテクチャをサポートしています。IDC20Aは、超小型マイクロコントローラから最も複雑なSoC、ソフトコア(FPGAに実装)、DSPなどのさまざまなサブコントローラまでのチップをカバーしています。

デバッグプロトコル

ユニバーサル・デバッグ・プロトコルのサポート

JTAG

JTAGは、ほとんどのCPUで一般的に利用できるデバッグプロトコルである。バウンダリー・スキャン・デバイス・テストから派生したJTAGは、外部ツールがチップ内部のテスト・アクセス・ポイント(TAP)コントローラと通信することを可能にします。TAPはチップ内のデバッグインフラへのアクセスポイントです。TAPは、1つのデバッグプローブを介して複数のコアのデバッグを可能にするためにチェーン接続することができます。

cJTAG(コンパクトJTAG)(IEEE 1149.7)

JTAGをベースとした技術で、デバッグインターフェイスのピン数を減らし、スター型トポロジーで複数のコアにアクセスするために最適化されている。cJTAGは2線式インターフェイスを使用する。

SWD/SWO

SWD(Serial Wire Debug)は、Arm®によって定義された2ピンのデバッグインターフェイスで、CoreSight™デバッグインフラストラクチャに最高のパフォーマンスでアクセスできるように最適化されています。シリアルワイヤ出力(SWO)は、SWDのオプションの拡張ピンです。プロセッサにSWOピンがある場合、IDC20Aデバッグプローブは、コードインスツルメンテーションとデータアクセス*の両方からトレースデータを受信できます。

*PowerDebug E40/PowerDebug Pro およびそれ以降のベースモジュールに対応。

ルネサス単線UART

RL78プロセッサは、RESETピンとTOOL0ピンを使用するUARTのような1行デバッグ・インターフェースを介してデバッグされますが、旧型の78K0Rプロセッサは追加の信号TOOL1を使用します。

UPDI

Microchip が設計した Unified Program and Debug Interface (UPDI) は、チップのリセットピンでもある 1 つのピンを通して tinyAVR® と megaAVR® デバイスをデバッグおよびプログラムするための独自のプロトコルです。これらのデバイスはシリアル ペリフェラル インターフェース (SPI) 経由でもプログラムできます。

アンデス・シリアル・デバッグ・ポート

シリアルデバッグポートは、アンデス・テクノロジーが設計したAndesCore™およびRISC-Vプロセッサ用の2線式オプションです。

技術データ

IDC20A デバッグプローブの技術情報

電圧範囲 0.4Vから5.0Vまで
デバッグクロック周波数 10 kHzから100 MHzまで
注文情報

お客様のアーキテクチャに合ったIDC20Aプローブを入手する

Armv8/Armv9用デバッガ IDC20A (PACK)
LA-3255

Supports Armv8 and Armv9 based Cortex-A, Cortex-R, Cortex-X and Neoverse 32/64-bit cores GTM, SPT, IPU and Multicore debugging included IDC20A debug cable supports 5-pin standard JTAG, cJTAG and Serial Wire Debug Port, (0.4V - 5V) Includes software for Windows, Linux and macOS cJTAG and SWD require PowerDebug Interface USB 2.0/USB 3.0, PowerDebug Ethernet, PowerTrace, PowerDebug II PowerDebug PRO, PowerDebug E40 or PowerDebug X50

詳細
デバッガコアテックス-A/R (Armv7) IDC20A (PACK)
LA-3253

Armv7-A/Rベースのコアテックス-Aおよびコアテックス-R 32ビットコアをサポート GTMおよびIPUデバッグを含む IDC20Aデバッグケーブルは、5ピン標準JTAG、cJTAGおよび シリアルワイヤデバッグポート、(0.4V - 5V) Windows、Linux、macOS用ソフトウェア付属 cJTAGおよびSWDが必要 PowerDebug インターフェース USB 2.0/USB 3.0、 PowerDebug イーサネット、PowerTrace、PowerDebug II PowerDebug PRO,PowerDebug E40 またはPowerDebug X50

詳細
デバッガコアテックス-M (Armv6/7/8) IDC20A (PACK)
LA-3254

Arm コアテックス -M コアおよび SecurCore SC000/SC300 をサポート トレースサポート ETMコアテックス-M(ETB経由)を含む GTMおよびIPUデバッグを含む IDC20Aデバッグケーブルは5ピン標準JTAG、cJTAGおよび シリアルワイヤデバッグポート、(0.4V - 5V) Windows、Linux、macOS用ソフトウェア付属 cJTAGおよびSWDが必要 PowerDebug インターフェース USB 2.0/USB 3.0、 PowerDebug イーサネット、PowerTrace、PowerDebug II PowerDebug PRO,PowerDebug E40 またはPowerDebug X50

詳細
RISC-V 32ビット用デバッガ (PACK)
LA-3200

RISC-V 32ビットコアをサポート ターゲット上のMIPI10/MIPI20コネクタが必要です: LA-3770コンバータ IDC20A to MIPI-10/20/34 ターゲット上のALTERA-10/RISCV-10コネクタが必要です: LA-3863 コンバータIDC20A~ALTERA-10/RISCV-10 Windows、Linux、macOS用ソフトウェアを含む。 TRACE32 ソフトウェアR.2020.09以降が必要です。 パワー・デバッグ・モジュールが必要

詳細
RISC-V 64ビット用デバッガ (PACK)
LA-3201

RISC-V 64ビットコアをサポート マルチコアデバッグを含む ターゲット上のMIPI10/MIPI20コネクタが必要です: LA-3770コンバータIDC20A to MIPI-10/20/34。 ターゲット上のALTERA-10/RISCV-10コネクタが必要です: LA-3863コンバータIDC20A~ALTERA-10/RISCV-10。 Windows、Linux、macOS用ソフトウェア付属。 TRACE32 ソフトウェア R.2020.09 以降が必要。 パワー・デバッグ・モジュールが必要です。

詳細
Xtensa® IDC20A用デバッガ (PACK)
LA-3211

ARM JTAGインタフェースを介してテンシリカのXtensaコアをサポートします。 TRAX(コアロジック内のトレースRAM)用のコアトレースデコーディングを含む 5ピン標準JTAG、cJTAG (IEEE 1149.7)、シリアルワイヤデバッグをサポートするIDC20Aデバッグケーブル (IEEE 1149.7)およびシリアルワイヤデバッグ(SWD)、(0.4V - 5V)をサポートします。 Windows、Linux、macOS用ソフトウェアを同梱 PowerDebug モジュールが必要 14ピンJTAG(Xtensa)コネクタを使用する場合はLA-3763が必要

詳細
ARC® IDC20A用デバッガ(PACK)
LA-3210

ARC EM/HS/EV/VPX、ARC 600/700、ARCtangent-A4/A5対応 IDC20Aデバッグケーブルを使用、 5ピン標準JTAG、cJTAG (IEEE 1149.7)および シリアルワイヤデバッグ(SWD)、(0.4V - 5V) Windows、Linux、macOS用ソフトウェア付属。 PowerDebug ベースモジュールが必要です。

詳細
Hexagon IDC20A用デバッガ(PACK)
LA-3208

クアルコムのHexagonをサポート マルチコアデバッギングとトレースデコーディングのライセンスを含む。 IDC20Aデバッグケーブルを使用、 5ピン標準JTAG、cJTAG(IEEE 1149.7)、シリアルワイヤデバッグ(SWD)をサポートするIDC20Aデバッグケーブルを使用。 シリアルワイヤデバッグ (SWD), (0.4V - 5V) Windows、Linux、macOS用ソフトウェア付属。 PowerDebug ベースモジュールが必要です。

詳細
C2800 IDC20A用デバッガ(PACK)
LA-3222

C28xマイクロコントローラをサポート。 CLAデバッグを含む IDC20Aデバッグケーブルを使用、 5ピン標準JTAG、cJTAG (IEEE 1149.7)、および シリアルワイヤデバッグ(SWD)、(0.4V - 5V) Windows、Linux、macOS用ソフトウェア付属。 PowerDebug ベースモジュールが必要です。 14ピンTIターゲット・アダプタを使用する場合は、LA-7748が必要。

詳細
C6000 IDC20A用デバッガ(PACK)
LA-3226

C6xxxをサポート。 IDC20Aデバッグケーブルを使用、 5ピン標準JTAG、cJTAG (IEEE 1149.7)、シリアルワイヤデバッグ(SWD)をサポート。 シリアルワイヤデバッグ(SWD)、(0.4V - 5V) Windows、Linux、macOS用ソフトウェア付属。 PowerDebug ベースモジュールが必要です。 14ピンTIターゲット・アダプタを使用する場合は、LA-7748が必要。

詳細
C7000 DSP用デバッガ IDC20A(パック)
LA-3227

C7000をサポート。 IDC20Aデバッグケーブルを使用、 5ピン標準JTAG、cJTAG (IEEE 1149.7)、シリアルワイヤデバッグ(SWD)をサポート。 シリアルワイヤデバッグ(SWD)、(0.4V - 5V) Windows、Linux、macOS用ソフトウェア付属。 PowerDebug ベースモジュールが必要です。 14ピンTIターゲット・アダプタを使用する場合は、LA-7748が必要。

詳細
コンバーター

あらゆるターゲットに接続

組み込み用途で使用されるコネクタは多種多様です。当社では、使用されるコネクタに対応するコンバータを幅広く取り揃えています。

コンバータ IDC20A to MIPI-10/20/34
LA-3770

IDC20A デバッグケーブルを MIPI34 または MIPI10 コネクタのターゲットに接続するためのコンバーター。 MIPI34、MIPI20D、またはMIPI10コネクターを備えたターゲットに接続します。 PowerTrace Serial に IDC20A デバッグ・ケーブルを接続するには、代わりにコンバータ LA-2770 を使用します。 コンバータLA-2770をご使用ください。 (LA-2770はMIPI34コネクタ用で、1番ピンが右側にあります、 一方、LA-3770は左側の1番ピンを想定しています)。

詳細
コンバータ 2xMictor38/IDC20A to MIPI-60
LA-3818

プリプロセッサ接続用コンバータAutoFocus II Mictor38 をMIPI60 (QSH)コネクターに接続します。 ARM/コアテックス :Mictor38 TRACE AおよびTRACE B(32ビットETMv3/PTM)とIDC20Aデバッグを接続するコンバータ およびTRACE B(32ビットETMv3/PTM)とIDC20Aデバッグケーブル をターゲットのMIPI60コネクタに接続するためのコンバータです。 Intel x86/x64:コンバータでMictor38 TRACE Aを ターゲット上のMIPI60コネクタに接続するコンバータ 旧名称:Conv.プリプロAF II Mictor、ARM20からMIPI60へ

詳細
コンバータ IDC20A to TI-14
LA-7748

IDC20A デバッグケーブルを TI-14 コネクタに接続するコンバーター。 コネクタに接続します。 プロセッサで使用されている。 旧名称: コンバーターARM-20 to TI-14

詳細
コンバータ IDC20A to Mictor-38
LA-3722

IDC20AデバッグケーブルをターゲットのMictorコネクタに接続するコンバーター。 コネクタに接続します。 トレース信号の両方を提供します。これは、プリプロセッサなしで これは、プリプロセッサなしでデバッグケーブルを接続する場合、およびターゲットにミクタしかない場合に必要です。 ターゲットにMictorしかない場合。 旧名称:ARM コンバータARM-20 to Mictor-38

詳細
コンバータ IDC20A to TI-14/TI-20-Compact
LA-3780

デバッグケーブルを TI-14 または TI-20-Compact コネクタに接続するためのコンバータです。 TI-20-Compact コネクタに接続します。 ンターゲットで使用されています。 旧名称: コンバーターARM-20 to TI-14 or TI-20-Compact

詳細
コンバータ IDC20A to XILINX-14
LA-3881

IDC20Aデバッグケーブルをザイリンクス・ターゲット・ボードの14ピンJTAGコネクタに接続するためのコンバータ をザイリンクスターゲットボードの 14 ピン JTAG コネクタに接続します。

詳細
コンバーター IDC20A/Samtec-40 HSSTP to RCAR-H3-S
LA-2788

IDC20AとHSSTPからのコンバータ ルネサスのR-Car H3スターターキットへ 旧名称:ARM-20/Samtec40 HSSTPからRCAR-H3-SKITへのコンバータ

詳細
コンバータ Mictor-38/IDC20A to MIPI-34
LA-3842

AutoFocus IIプリプロセッサとMICTOR-38およびIDC20Aデバッグ・ケーブルをMIPI-10/-20/-34に接続するためのコンバータ。 MICTOR-38とIDC20AデバッグケーブルをMIPI-10/-20/-34に接続します。 AutoFocus IIプリプロセッサがMIPI-10/-20/-34の4ビット幅トレースポートからトレースデータを受信できるようにします。 MIPI-34ターゲットコネクタの4ビット幅トレースポートからトレースデータを受信できるようにします。 コンバーターは0オームの抵抗を介してMIPI-34用に設定される。 抵抗のハンダ付けを変更することで、MIPI-20Tもサポートできます。 MIPI-20T用に設定済みの同じコンバータを入手するには、以下をご注文ください。 LA-3809コンバータ Mictor-38/IDC20A to MIPI-20T.

新規プロジェクトにはお勧めしない
詳細
コンバータIDC20A/MIPI-20~10ピンECU14
LA-2746

コンバータIDC20AまたはMIPI-20~10ピンECU14

詳細
Conv.Mictor38/ETM+IDC20AからMictor-38/RTPへ
LA-3835

ETMトレースポートのMictor38とIDC20Aからのコンバータ をTIチップのRTPポートのMictor38に変換する。 旧名称:Conv.Mictor38/ETM+JTAG20からMictor38/RTPへの変換

新規プロジェクトにはお勧めしない
詳細
IDC20A-MIPI-34コンバータPowerTrace Serial
LA-2770

IDC20A デバッグケーブルを の 34 ピン DEBUG コネクタに接続するコンバーター。 PowerTrace Serial の 34 ピン DEBUG コネクタに接続します。 MIPI-34 コネクタにはキーピンがありません。 IDC20A デバッグケーブルを AutoFocus-II-MIPI プリプロセッサ (LA-3160) または AURORA 2 プリプロセッサ (LA-3945) 代わりにコンバータLA-3770を使用してください。 (LA-2770はMIPI34コネクタ用で、1番ピンが右側にあります、 LA-3770はターゲット左側の1番ピンを想定しています)。

詳細
コンバータ IDC20A/MIPI-34 to Mictor-38
LA-3862

コンバータを使用して、ARM デバッグケーブルまたは CombiProbe 、ターゲットのMictorコネクタに接続します。 に接続するためのコンバーターです。これは、プリプロセッサなしで プリプロセッサなしでデバッグしたい場合や、ターゲット上に ターゲットに Mictor コネクタしかない場合に必要です。 CombiProbe のトレース信号は の最下位4つのトレース信号に接続されています。 の最下位 4 つのトレース信号に接続されています(ETMv3 ピンアウト、連続モード)。 しかし、 の帯域幅の制限により、トレースは通常使用されません。 CombiProbeの帯域幅の制限により、トレースは通常使用されません。 旧名称:ARM Conv.ARM-20/MIPI-34 to Mictor-38

詳細
コンバータ IDC20A to MIPS-14
LA-2720

IDC20Aデバッグケーブルをターゲット上のMIPS-14コネクターに接続するためのコンバーター ターゲット上のMIPS-14コネクタに接続する 旧名称:コンバータARM-20 to MIPS-14

詳細
コンバータ Mictor-38/IDC20A to MIPI-20T
LA-3809

コンバータを使用して、AutoFocus II プリプロセッサと MICTOR-38とIDC20Aデバッグ・ケーブルをMIPI-10/-20T/-34に接続します。 AutoFocus IIプリプロセッサがMIPI-10/-20T/-34の4ビット幅トレース・ポートからトレース・データを受信できるようにします。 MIPI-20Tターゲット・コネクタの4ビット幅トレース・ポートからトレースデータを受信できるようにします。 コンバーターは0オームの抵抗を介してMIPI-20T用に設定されます。 抵抗のハンダ付けを変更することで、MIPI-34にも対応できます。 MIPI-34用にコンフィギュレーション済みの同じコンバータを入手するには、以下をご注文ください。 LA-3842コンバータ Mictor-38/IDC20A to MIPI-34.

詳細
その他のデバッグプローブ

他のデバッグプローブを探す

IDC20Aデバッグプローブが適切なソリューションでない場合は、他のさまざまなデバッグプローブをご用意しています。

AUTO26 デバッグプローブローターバッハ

AUTO26 デバッグプローブ

自動車プロジェクトでの使用に特化した設計。

CombiProbe-ローターバッハ

CombiProbe 2

最大4ビット幅のコンパクトなトレースポートを備えたコンパクトなデバッグ&トレースシステム

デバッグプローブローターバッハ

アーキテクチャ固有のデバッグプローブ

特定のターゲットプラットフォーム専用のデバッグプローブ。

ご質問は?

40年以上にわたって業界をリードしてきた当社の専門エンジニアが、お客様をサポートいたします。製品に関するアドバイスや、どの構成が最適かをお知りになりたい場合は、セールスエンジニアにお問い合わせください。 ローターバッハ システムに関するサポートが必要な場合は、当社のエンジニアリング・サポート・チームにご連絡ください。